TTCの1期生のHiroさん イメージ

卒業後当スクールで
ヨガインストラクターとして活躍

TTCの1期生のHiroさんは、現在当クシャナヨガスクールのインストラクターとして、日々ご自身が感じられたYogaの恩恵を会員の皆様に感じていただけるように、常にYogaに向き合い活動されています。
卒業後当スクールで活動いただいているインストラクターの先生の代表としてインタビューさせていただきました。

現在クシャナではどのような活動をされていらっしゃいますか
「Relaxation」「Meditation」「Meditation Advanced」「Surya Namasukara」「Siva Raja」のクラスを担当させていただいています。
どのクラスでも一貫して大切にしていることとしては、常に身体と心を感じ続ける事です。
自分を見失うことなく心を今にとどめ、自分と向き合い続け、内側の深さ・広さ・静けさと出会い・それを楽しんで欲しいと思っています。身体を通して心を知る。
自分を知る。その為に、鋭敏な「感受性」「観察力」「客観性」「意識力」「集中力」を養う。
そうすると必ずやスタジオから1歩出た日常の中でも活かせ、力となってくれると信じています。

Relaxationのクラスは、身体をあまり動かした事のない方も入り易いクラスで、ゆったりと動くからこそ緩んでいく体を感じ易く、緩んでいく事で心も緩んで行きます。
クシャナの心地良いスペースだけに頼らず私もその場の一部となりリラックスできる場をつくり出せるように心がけています。
Meditationのクラスは、身体をリラックスさせ心を静めて自分の内側と向き合い、呼吸法・瞑想の練習をするクラスです。敷居を高く感じられる方も多いのですが、元々私も好きだったクラスなので今はより多くの方に良さを伝えていきたいと思っています。
Surya Namasukaraのクラスは、コンセプトを聞いた時にすばらしいクラスだなとわくわくしたのを今でも覚えていて、普段忘れがちな感謝の心、謙虚で素直な純粋な心を取り戻させてくれるものです。
いつも皆さんと一緒に私も自然と内なるエネルギーを感じながらクラスを行っています。
Siva Rajaはクシャナならではのインド伝統のスタイルのクラスです。
目には見えないエネルギーの流れを感じるためには、「感受性」「意識力」「集中力」が必要ですが、エネルギーをコントロールできるようになると流れを感じ、熱となり力となってポーズが安定したり、さらに深めることが可能になるので、ぜひ多くの方に感じてもらえればと思い取り組んでいます。

TTCの1期生のHiroさん イメージ

TTCを受講されたきっかけは
学生時代の怪我を手術し、リハビリでジョギングをしているときに偶然クシャナのスタジオの前を通り、不安の中扉を開けたのがYogaとの出会いでした。
思う様に進まないリハビリ、その他にも抱えていた種々な思いがあった中で、体を動かす事の爽快感だけではない種々な思い・不安が払拭されて軽くなっている解放感や、満たされて優しくなっている心を感じる中で、Yogaが大切なものになっていきました。
そんな折り、インストラクター養成コースが開かれることを知り、ポーズをとる際に故障箇所の体の使い方などYoga全般について勉強したいと思い受講を決意しました。
受講当初、私自身の志は決して高いものではありませんでしたが、先生方のYogaに対する深い愛情と、造詣の深さに裏打ちされた姿勢に触れる中で、勉強していこうと思えるようになっていきました。
TT中の思い出などはありますか
毎回毎回知ることの楽しさでわくわくしていました。どのメソッドも単なる知識として終わらせず、実践の時間をたっぷり丁寧にとっていただくことで、体験として身につけることができたと思います。
毎回違うメンバーで取り組む、グループワークでは自分とは違う身体・感覚・考えなどに触れて、後日メンバーに声を掛けて話をしたり一緒に練習もしていました。
あーでもない、こーでもないと当日習ったことを話しながらの帰り道は、まるで学生に戻ったかのような新鮮な気持ちでした。
悩むことや衰えを感じることこともありましたが、それらを受け入れ流れのままに純粋に習うことを楽しんでいたように思います。
TTでの学びについて
TTCはヨガという生き方を知った場。入り口であり原点でした。
今、日常の中でもヨガという軸ができた事は、私の中でとっても大きな財産になりました。

TTCを卒業した時点から、TTCで学んだことを実践して行く道が新たにスタートして今もその歩みは続いていて、これからも続いて行くと思っています。
だからこれからTTCを受講される方には、一時一時を大切に学んで欲しいです。
多分卒業してからも何度も受講したくなると思います。
これからも続いていく道の中で迷いやぶれることなどいろいろあると思いますが、その時に戻る原点がTTCでの学びだと思っています。クシャナヨガスクールという学校がいつもそこにあり、門戸を開けていてくれていることをとてもありがたく感じています。

TTCの1期生のHiroさん イメージ

最後に今後の目標などあれば教えてください。
Yogaをやられる方の目的はみなそれぞれでだと思いますが、人生を豊かにするもの、力強く生活する心の糧となって欲しいと思っています。
クラスにいらした際に、元気がないかな?疲れていらっしゃるかな?と思う方が、帰りには生々とし明るい表情に変わっている様子に、Yogaの力を感じます。
一緒にこの場にいられる事、その表情にこちらが嬉しくなってしまいます。
その場を提供できる事の幸せ、恩恵を余すことなく伝えることができれば幸せです。
深め方も人それぞれ異なり私的なものだと思いますが、私はその入り口の水先案内人だと思っています。
ヨガを伝えるインストラクターとしての責任、またYogaを深めて行く者として研鑽を積みながらしっかりと丁寧に伝えていきたいと思います。

TTCの1期生のHiroさん イメージ