TTCの3期生の岩本さん イメージ

自然豊かな茅ヶ崎を拠点にヨガのクラスや企画・イベンド活動を精力的に行う。
クシャナで学んだ「今、この瞬間」を常に大切に実践中。

TTC4期生の岩本さんは、インストラクターとしてご自身の拠点である湘南・茅ヶ崎の恵まれた自然の環境を取り入れながら、ヨガのクラスやイベントなどの活動を行っておられます。
現在の活動からTTCの受講の経緯や当時の思い出までお聞きしました。

現在はどのような活動をされていらっしゃいますか。
茅ヶ崎にて”Yogi in Chigasaki”としてヨガクラスを開催しています。湘南という場所を生かしたビーチヨガを中心に自然のパワーを感じながらヨガを行なうことを楽しんでおります。
ヨガを通じて仲間や地域活動の輪が広がることを目的のひとつとして、茅ヶ崎市内施設のヨガクラスや横浜ポートサイドのマンションでクラブ活動も行なっております。
その他、定期的にハイキング&ヨガやチャリティーヨガ、茅ヶ崎市内のキャンプ場やゴルフ場でのヨガ、そして友人と共同企画のワークショップ等、楽しいイベントを行なっております。

TTCの3期生の岩本さん イメージ

TTCを受講されたきっかけについて。ヨガをはじめられたきっかけも関係あるようであればお教えください。
心身のバランスを崩していた頃、治療も兼ねてヨガを始めようと誰にも相談せずに見つけたのがクシャナヨガスクールでした。
入会する以前に、通りかかった自由が丘校を突然訪ねたことがあり、ちょうど指導者養成講座の最中でChihiro先生がそのことを説明してくださいました。そのときの印象や雰囲気、ここでヨガを学びたいと思った直感が今でも忘れられません。
クシャナの様々なクラスを体験するたびに新たな視点に出会えることが楽しく感じてヨガをもっと深めたいという気持ちが芽生えました。その頃、ちょうどインドでのTTC200が開講される告知もあったので興味がありましたが、説明会に出席したところ国内での通学スクールでも同じく本場の学びが出来ると感じたのでその機会を心待ちにして受講を決意しました。
クシャナで受講をされた理由などあればお教えください。
クシャナへ入会後さまざまなクラスへ参加し、エクササイズとしてだけではなく、メンタルに働きかけることを重視しているヨガは、自身と相性がとてもよく感じました。「ヨガを知りたい」という気持ちが芽生えたスクールでTTC200を受講することを迷いなく自然と決めることができました。
TTCを受講してみた感想や現在の活動への影響などもあればお教えください。
とにかく「今」に必死な時間を過ごせたと思っています。次々と出会う新しい体験や知識に、嬉しさや発見が湧き上がっては、疑問や苦悩も次々と浮かんでくる日々でした。同時に、慌ただしく変化していく自分を静めていく時を過ごせていたとも思います。
自分の目の前に訪れる人、もの、事、自然がどれも新鮮で愛おしく思うことの大切さを教えていただいたと思っています。この期間がなかったら今の活動自体ないと思うのであらゆるチャンスやハッピーを与えてもらえたと感じています。
上手く行かないことや、不安定になることは今ももちろんありますが、何かあるたびにTTCで書き留めたノートを開いています。そこには、先生方に教えていただいたことはもちろん、同期生や私自身のピュアな気持ちが綴られています。その言葉ひとつひとつが今現在に繋がっていること、TTCで濃い学びができたことを実感しています。
TCCの際の思い出や印象に残っていることがあればお教えください。
インストラクションのレッスンの際、出来ないポーズと勉強不足のポーズを担当することになってしまい、リードを間違えて頭が真っ白になりました。その瞬間、「インストラクターは私には無理だ、ヨガをもう続けられないかもしれない」という気持ちが浮かび、自分自身がとても不安定になるのを必死に我慢しました。その後、レビューの時にChihiro先生から「間違えた時にどんな気持ちでしたか」という質問をされて、「再試になっちゃうと思いました」と嘘をつきました。私の回答に対し、周りの空気が一瞬止ったように感じました。そして先生からは、「誤ったリードでケガをさせてしまう恐れ」について指導がありました。正直な気持ちを言えなかったこと、そしてリード中に不安定になった体験が頭から離れず、その後に行なった瞑想のレッスンで涙が止まらなくなってしまいました。

授業後、Chihiro先生に正直な気持ちを伝えたところ、TTC終了後にどうしたいのか質問されました。その時に私の口から「茅ヶ崎でビーチヨガをしたいと思っている」という言葉がでました。そのとき、私のなかではインストラクターを目指す気持ちが芽生えていたことに後になって気づきました。
さらに、「あのとき間違えたポーズ」を自宅で猛練習し、最後の実技試験で自ら提出用プログラムに加えました。試験の際には間違わずに行なうことが出来、仲間が自分のことのように喜んでくれました。乗り越えるプロセスを知り、仲間と共有することの素晴らしさを知ることができました。

TTCの3期生の岩本さん イメージ3

今後の夢や目標などあればお教えください。
「ひとそれぞれ」ではないヨガクラスを提供できたら…ということが目標です。様々な環境・状態でヨガを行なう方々を前に、皆さんが少しでも新たな視点に出会えるようなときをクラスの中で提供できたら、共有できたらと思っています。
そして、クシャナで教えていただいた「今、この瞬間」を常に大切にし続けることが夢です。なかなか難しいことだと感じながらも、モガキながらも、「今」に気持ちよく向き合い続けていきたいです。

■関連情報
>Yogi in Chigasaki ホームページ
写真:岩本公太郎

TTCの3期生の岩本さん イメージ5