TTCの6期生の和田 敦子さん イメージ

「人の健康」を日々模索し、RYT200,500時間を受講。伝えたいこと、伝わることもクリアになりました。

200時間を受講前から、キッズダンススタジオの主宰として活躍されていた和田さん。身体にかかわる仕事の中で、健康とは?という疑問に行きつきヨガと繋がることがありそうということで、200時間、500時間を受講されました。今では、協会のマタニティ養成コースの講師、ヨガサークルの設立をし、様々な形で人の健康、ヨガを考え、伝えています。そんな和田さんに、200時間、500時間について伺いました。

現在はどのような活動をされていらっしゃいますか。
体育指導者の学校を卒業したこともあり、2年間の社会体育指導を経てフリーで、フィットネス(身体)に関わる仕事についていました。
ダンスを幼少期より習っていたこともありジュニアダンス教室の主宰、フィットネスクラブでヨガ指導やマタニティ指導者養成コースにも関わっております。

TTCの6期生の和田 敦子さん イメージ2

そして最近では、集会場を借り友人と共にYogafitヴリクシャを設立し、クラスを開いています。

わたしは、いろいろな形で、‘身体’というものに関わってきましたし、現在でもそうです。それは、「人の健康」を思う気持ちで行ってきました。
ただ、数年フィットネス業界に携わらせて頂く中で、人の健康とは何か?身体が動けば健康なのか?と疑問をいだくようになり、フィジカル(身体)だけでなく、メンタル(心)も、スピリチュアルについても健康でいられるものは?という点で、ヨガを学び、教えるようになりました。心もケアできるヨガや、その他のフィットネスもフィジカル、メンタル、スピリチュアルと多方面から捉え大事にしながら、それぞれの活動をしています。
RYT200時間を受講されたきっかけはどのようなものでしたか。(それぞれの養成コースの取得者でしたら、いずれについてもお聞かせください。)
「RYT200を受けたきっかけは、かなり前に沖ヨガを学んだことがあり、その教えも統括的で自分の健康にとても役立っていましたが、かなり前の学びだったのでもう一度Yogaを改めて学んでみたいとずっと思っていました。
日頃フィットネスの現場に関わっていますが、週に1度のkSaNa Yoga Schoolでのレッスン受講はとても新鮮で心穏やかになる時間でした。通い始めて2.3カ月たった時、TTCの案内が目に飛び込んできて、説明会を受け、仕事の調整が何とかなりそうだと分かり、これはチャンスとばかりに申し込みました!
自分の周りでは多くのインストラクター仲間たちが全米アライアンスの資格を修了しYogaの仕事を増やしていました。私ももっとYogaを深めて勉強し直したい気持ちがずっとありながらも多くの仕事に追われる毎日で何年も月日が経ってしまい気になっていたところkSaNa のTTCに通える!と思った時は嬉しくて気持ちが高まりました。
その後RYT500時間をご受講されていますが、どのような想いでご受講されましたか。
RYT500の受講のきっかけは、RYT200の内容の深さを感じていたからです。毎回哲学のクラスは興味深く聞いており、たくさんの学びをいただきましたが、わたしにハッとした学びを与えてくれたのは、ティーチングの授業だったのです。
私は長年、指導にあたる仕事をしているため、指導方法(ティーチングやリード)が、一辺倒になっているのではないか、自分のルールに縛られているのではないか。と不安、もっと言えば恐怖を感じるようになっていました。500時間では、特に受講してティーチングの仕方を体験することができ、TT生同士で細かくアーサナを見合いティーチングする機会があるとのことで、わたしには、ありがたい時間!ということと、Chihiro先生の指導の元で学んでいきたいと思い申し込みをしました。

そして数年に1度のRYT500上級アーサナ、呼吸編の石垣島での受講のチャンスに飛び込みました。 セラピーコースは様々なマイナートラブル(不定愁訴)、心の問題、身体の症状や原因、高齢者の身体の特徴を知りどのように指導にあたるかを学びたいと思い受講しました。

TTCの6期生の和田 敦子さん イメージ2

TTC200時間、500時間での学びは、今どのように生かされていますか。
kSaNa Yoga SchoolのTTCでは、「相手の可能性を見出し、感じながら指導する」ということを学びました。

もともと、RYT200を受講する以前より、インストラクターとして活動していました。
受講前は、クラス中、修正が必要そうな受講者の方を見つけると、つい身体に触れてアジャスト(ポーズの修正)出来ることが良いのかと考えていましたが、kSaNa Yoga SchoolのTTCで、私の常識を覆されました!
触れるよりもまず先に、大事なのは受講者の方が感じて、気づいていけるような【言葉のアジャスト】というものを教えて頂き、その奥深さを学びました。
「グイグイ引っ張る」というだけの指導だけではなく、「受講者の方が自ら感じて、気づき、修正などができる力を身に付ける」ということが、なによりも大切であると気づくことができました。
そうすることで、受けている方の内側の感覚が繊細にしていくことができ、自分自身でポーズができている!という自信につながったり、心まで元気になっていったりといいことが多いです!

また、アーサナリサーチを行い一つ一つ丁寧に、正しいアライメント(骨格の配置など)を確認し、人それぞれの癖や硬さなどを見ながら安全で無理なく正しいポーズを見れるようになったこと、自分自身でもとれるようになった事が、自分の練習と共に、指導にも生かされています。

200時間、500時間を受講していったことで、更にヨガを教えていく技術も磨かれ、ヨガを深めることができたように感じています。まだまだ私の課題ではありますが、本人の持つ力を存分に引き出せるように導き、伝える指導を今でも心がけていきたいと思っています。
受講中、困ったことはありましたか。また、その困難をどのように解決しましたか?
特になかったです!
仕事上、スケジュール調整がなかなか出来ず欠席した部分を周りの仲間たちや先生方が「分からない事があればいつでも聞きにきてくださいね」とフォローをしてくださったことで助けられました。
TT中の思い出、印象に残っていることがあれば教えてください。
これは合宿の500時間での体験になりますが、合宿では、毎日早朝6:30-9:30のアーサナプラクティスがありました。その時間はとても貴重で、いつにもないくらい、自分と向き合う時間をもらうことができました。

500時間のちょうど半ばくらいのアーサナプラクティスの時、【周りから見られている自分】というものがとても気になり出しました。「ああやって思われているのだろうな」「こうやって思われるんだろうな」などや、過去の出来事、未来の事までもが巡るようになってきました。
それらは普段は忘れてしまっているような考え事でした。3日間ほど、わたしを縛る思いが巡っていました。
その思いを見続けた結果、あるときから、「そのままの自分でいいんだな!」と思えるようになっていました。見続けた結果の浄化でしょうか。
そこから、新たな自分のスタートを感じることができました。
普段は、自分の忙しさで、見えなくしていた不安や感情が表れ、そして、洗われていくことを感じることができました。
Chihiro先生による、デモクラスもとても印象的でした。一般の方をクラスに招き、初心者向けのクラスを行ってくださり、細かな部分まで発見があり、それはとても特別な授業でした。

そしてもう1つは、TTCでの仲間との繋がりは今でも思い出すと涙が出そうな程、良き心の支えとなりました。修了式では自分が驚くほど涙が溢れて先生方、TTの仲間たちに感謝の気持ちでいっぱいになるほど、今でもそれはかけがえのない宝です。

TTCの6期生の和田 敦子さん イメージ3

最後に今後の目標を教えてください。
冒頭で記述しましたが、2016年にYogafitヴリクシャをスタートさせ、元々ストレッチやyogaのサークルとして活動していたものをyogaのクラスを増やし会員制度のシステムにし立ち上げました。2018年はもう1人のインストラクターを増やして5クラスで開催していますが、まだまだ細々と言った感じで、集会室も色々な規制があり、自由に好きなように使うわけにはいきません。
なのでもう少し会員さんを増やし、老若男女すべての人の「心と体の健康」のためになるスタジオが出来たら良いな~~と思っています。(そのノウハウがないので勉強しなくてはと思っています!) 目指すはkSaNa Yoga Schoolの様な心穏やかになる場が出来たらなぁ~~と思います(*^_^*)

また、以前から‘人の健康’にかかわる仕事をしていきたいと思い考えた中で、ヨガを学び、「人の幸せとはなにか」「人間とは何か」、「自分とはなにか」ということを、改めて考えさせられました。 この問いを突き詰めていくことも、わたしの課題としてあります。そして、それを人に伝えられるパイプとなれたらと思っています。

これから先、色んな困難と思われる事が起きてもTTCで学んだ「すべての答えは自分の中にある」の言葉を思い出し、喜びと感謝で真我に向き合い光の道へと歩んで行きたいと思います。

合掌

TTCの6期生の和田 敦子さん イメージ4