TTCの19期生の高槻祐子さん イメージ

ヨガの本質を言葉にできるようになりたい。
心の在り方をヨガを通じて学びながら、さらなる勉強に向け邁進中。

長年運動指導をしてこられた高槻さん。旅行で訪れたYoga Retreat Village,kSaNa石垣島での体験レッスンがきっかけとなりTTCの受講を決意。
TTC200をオンライン受講後、ヨガセラピーを石垣島合宿にて受講。同じ目標をもった仲間とヨガのことだけ考えられる時間は本当に格別な時間でした、と語ってくださいました。
ヨガは一生の学びと話し、さらに呼吸法や瞑想法を勉強するために上級アーサナを受講される予定。

現在はどのような活動をされていらっしゃいますか。
自主開催とスポーツクラブでヨガやストレッチポール®、高齢者向けの健康体操を指導しています。
また、姿勢改善などのコンディショニング系のパーソナル指導をしています。
ヨガはレベル1に近いクラスを行っています。
TTCを受講されたきっかけはどのようなものでしたか。
長年運動指導をしており、ヨガも指導できるようになりたいと思ったことがきっかけです。また、メンタルを整えることにもヨガが有効だということを知り、そこにも興味がありました。
数年前に一度は別のところでインストラクター養成講座を受講しましたが、『ヨガを勉強してきました!』と自信をもって指導することができませんでした。のちにヨガ哲学や心の事など、そういったところも話せるインストラクターになりたかったのだと気づきました。これがクシャナヨガでTTCを受講しようと思ったきっかけです。

地方に住んでいるため、近くにRYTのTTCを開催しているところがなく、ネットで探していたところ、クシャナヨガが目に留まり気になっていました。先述しました、哲学や心のことも学べるところにとても魅力を感じていましたが、最初にHPを拝見してから2年くらいは、当時勤めていた会社のことやさまざまな不安もあり、受講を悩んでいました。
旅行で石垣島を訪れた際、体験レッスンを受けました。ヨガ歴は浅いですが、これまで受けてきたものとはまったく違っていて衝撃を受けたことを覚えています。当時リトリートセンターにいらっしゃった先生にも相談し、丁寧にご説明いただき安心したことも大きかったです。ですので、体験2回でTTCを受講しました(笑)

200のTTCを受講する前は、500の受講は考えていませんでしたが、終わる際には、ヨガセラピーを学びたいと思いました。同じ年にヨガセラピーが開催されたことも良いきっかけとなりました。
ヨガセラピー受講後は、そこで終わろうと思っていましたが、半年経ってから呼吸や瞑想法も勉強したいと思い、これから上級アーサナ編の受講を予定しています。

TTCの19期生の高槻祐子さん イメージ1

TTCでの学びは、今どのように生かされていますか。
今の社会情勢や自分の立場など、不安に思うことはたくさんあります。
気持ちが過去や未来へ行きがちですが、【今、この瞬間】をなるべく意識するようになりました。
また、私は答えがすぐに出るものが好きなのですが、ヨガは一生の学びなので、すぐに答えがでないことを取り組む心の在り方をヨガを通じて学び中です。
受講中、困ったことはありましたか。また、その困難をどのように解決しましたか。
200のTTCを受講した時は、新型ウィルスが本格的に流行し始めた頃で、オンラインのみの開催だったため、繋がっている時しか聞けないと思い、こんな事聞いてもいいのかと思うような事でも質問をさせて頂きました。
ヨガセラピー受講時は、充実している中でも、毎日勉強に追われ、いつも切羽詰まっているような状態でした(笑)仲間に恵まれ、わからないことや、不安に思っていることなどを聞いてもらえたのがありがたかったです。

TTCの19期生の高槻祐子さん イメージ2

TT中の思い出、印象に残っていることがあれば教えてください。
【困ったこと】にも当てはまるかと思いますが、200はオンラインのみの開催だったので、一日のTTを終え、オフラインになれば日常の生活が戻ってきます。ベジ食ではない一般的な食事やアルコール(笑)、テレビなど誘惑も多く、ヨガにどっぷり浸かる、とはなかなかいかず切り替えが難しかったです。同期の方もTT以外の時間は日常生活を送っているだろうと思うと、どうしても遠慮してしまい、ちょっとした話をしたり、悩みを相談したりすることは難しく、そういった意味では一人で悩んでしまうことも多かったです。途中からSNSでグループを作り、情報交換するようにしていましたが、受講生同士が接する時間は多い方が良いのだと改めて感じました。
ただ、移動がないことでの感染リスクの回避や少人数だったのでじっくり見て頂けたことがよかったです。また、そこで200を受講できたから11月にヨガセラピーの合宿に参加できました。 ヨガセラピーの合宿では、共同生活に不安もありましたが、仲間に恵まれて楽しく過ごすことができました。初めて会ったとは思えないくらいよくしゃべり、よく笑いました。またオンラインではできなかった、仲間とのアーサナリサーチは本当に楽しくて休みの日もやっていました。
生活面では、11月にも関わらず早朝も夜も蛍が飛んでいて、歯磨きをしながら蛍を鑑賞したりながれ星を眺めたりできたことも良い思い出です。また初めてのベジ食、そして、お昼は常にカレーでしたが、さまざまな種類のカレーを頂き種類の多さに感動しました。動物性たんぱく質を摂らない事への不安もありましたが、そんな不安が吹き飛ぶくらいおいしいベジ食を毎回頂いたことも貴重な経験となりました。
同じ目標をもった仲間とヨガのことだけ考えられる時間は本当に格別な時間でした。このまま石垣でみんなとヨガをして暮らしたいとよく話していました。

TTCの19期生の高槻祐子さん イメージ3

最後に今後の目標を教えてください。
安全でわかりやすく伝えられることはもちろんですが、ヨガの本質を言葉にできるようになりたいと思っています。在り方や自分が感じた事、思いを伝えることが苦手なのでそこはまだまだプラクティスや学びが必要だと感じています。
これからも仲間に助けてもらいながらマイペースで続けて、まずは自分が体感できるようになること、そして、それを伝えられるようになりたいです。

TTCの19期生の高槻祐子さん イメージ4